鋳造 ちゅうぞう によって作られる作品は
一点一点を完成させるまでに
数ヶ月の歳月を費やしますが
梶野敬介の世界観を忠実に表現できる
最良の手法だと感じています
  
ここでは作品の制作工程をご紹介します
d-icon1-g01

スケッチ

鋳造(ちゅうぞう)する作品のアイデアをスケッチに描き起こします。

d-icon2-g01

原型

スケッチを元にロウソクなどの「ロウ」で出来た粘土で原型を作ります。

d-icon3-g01

型づくり

できた原型の周りを石膏や土で覆い型をとります。

d-icon4-g01

窯築き

型のまわりにレンガや土を盛り、窯作りを行います。

窯は型の大きさや量に合わせて築かれます。

d-icon5-g01

型の焼き上げ

築いた窯で2〜3日間かけて、じっくりと型を焼き上げます。

熱で原型のロウは溶け出し、原型と全く同じ形の空洞ができます。

d-icon6-g01

ブロンズを溶かす

高温に熱した「炉(ろ)」に素材のブロンズを入れて溶かします。

この時溶かしたブロンズの温度はなんと1000度以上にもなります!

d-icon7-g01

鋳込み
(ブロンズ流し込み)

炉で高温に溶かされたブロンズを型の中に流し入れます。

一つの型にブロンズを入れるチャンスは一度きり。

やり直しがきかない工程です。失敗は許されません。

d8-1

型割り

流し入れたブロンズを冷まして型を割り、作品を取り出します。

d-9-1

仕上げ

余分なバリ(不要な突起)をとり、溶接や磨きなどの仕上げ作業を行います。

d-10-1

完成

全ての工程を経て、ブロンズ作品ができあがりました。